株式会社日本統計センター
アイエヌリサーチライブラリ
ライフスタイルに関する調査
商品・サービスの概要
商品・サービス名 概要
インターネットリサーチレポート リサーチ結果を簡易レポート形式でとりまとめたものです。4種類のレポートを作成しました。
インターネットリサーチ結果エリア別集計データ リサーチ結果の一部を都道府県別および当社設定の生活圏別に集計し、項目ごとの回答率と全国ランキング(順位)をデータベース化しました。
インターネットリサーチ結果追加集計サービス お客様のご要望に応じ、簡易レポートや集計データでは把握できない特殊なクロス集計に個別対応するサービスです。
インターネットリサーチ詳細分析レポート お客様のご要望に応じ、詳細に分析したレポート作成あるいは、多変量解析等を用いた特殊な分析サービスを提供します。
 当社では、2009年1月から2月にかけて、自主研究として日本全国約6万人に対するインターネットリサーチを行いました。

 リサーチを行った時期がサブプライムローン、リーマンショックによる100年に1度と言われる不況の真っ只中で、住宅市場が大きく落ち込み、また、定額給付金関連法案の審議が揺れに揺れ、政界・経済界が激動した時期でした。

 今回のリサーチは、このような時期における消費者の消費行動、高感度商品のニーズ、新規住宅・リフォーム需要、嗜好の変化を捉えたもので、かつ、約6万人という非常に大規模なリサーチです。

 当社では、これらのリサーチ結果を当社の研究員が多角度に分析したレポートや、都道府県別・生活圏別に集計したランキング付きデータ、お客様のご要望に沿った集計・分析・レポートサービスの形式で提供していきます。

 これまでなかったような不況の中で、消費者はその属性、あるいは居住地域によってどのような行動・意識の違いをみせているのか。この時期を乗り切るためのマーケティングに必見です。
リサーチの概要
実施時期: 平成21年1月23日〜平成21年2月18日
調査対象: 日本全国を9ブロックに分割し、ブロックごとの性別年代別人口構成比に応じたサンプル数をフルーツメール会員(アイブリッジ株式会社保有)から抽出して調査を実施。
調査主体: 株式会社日本統計センター
調査実施: アイブリッジ株式会社
調査項目: @住宅リフォーム意向等
A新規住宅購入意向等
B商品・サービスの購入意向
C定額給付金の利用方法等
D現在の趣味、新たに始めた趣味、興味が薄れた趣味、これから始めたい趣味
Eライフスタイルに関する意識(26項目)
F保有金融資産種別と保有額
G対象者属性
回答者数: 約58,000人
→調査設問文・選択肢はこちらから
 お問い合わせ、またはお申し込みにあたって、ご提供いただいたお客様の個人情報は、ご指定の当社製品・サービス等のご案内、関連資料の発送、および手続き他必要事項の連絡業務、請求等の事務処理等に利用し、他の目的で利用することはありません。また、事前にお客様の同意を得ている場合を除き、第三者へ提供することはありません。

 詳細は、当社個人情報保護方針をご確認ください。
お問い合わせ先 research@nihon-toukei.co.jp
ページトップへ
業務案内へ
TOP企業情報プライバシーポリシーお問い合わせ|       copyright(c) Nippon Statistics Center Co., Ltd All Rights Reserved.