株式会社日本統計センター
ADDUP(住宅地図を使った営業支援システム)

システムの機能概要/情報の付加

◆情報の付加

 表記が統一されたデータを使って、いろいろな情報を付加することができます。

 また、このシステムの特徴は、「誤った住所」を「正しい住所」に修正すると、以後、同じ「誤った住所」が発生すると、自動的に「正しい住所」に置き換える機能があることです。

1.住所コードの付加

 表記統一された顧客住所と、当システムに搭載する住所対応テーブルとのマッチング処理により、自動的に住所コードを付加

2.7桁郵便番号の付加

 住所コードの付加と同様に、マッチング処理により7桁郵便番号を付加

3.カスタマバーコードの付加

 表記統一された顧客住所を用いて、7桁郵便番号の後に住居表示番号(丁目、番地、号、棟番号等)を付けて、カスタマバーコードを付加

4.緯度・経度情報の付加

 GISの機能を使って、地図上に顧客をプロット表示したい場合、町丁、街区、番地、号等必要なレベルに応じた緯度・経度情報を付加

※この場合、別途「住所の緯度・経度情報(NSC住所ポイント等)」が必要となります。

顧客情報に緯度経度等新たな情報を付加したリストのイメージ

5.置換処理機能

 住所コードとマッチングしなかった顧客住所を正しい住所に置き換えたデータは、新たに住所置換用テーブルに追加され、以後の置換処理に利用

誤表記された住所を置き換えにより整備したイメージ図

お問合せ先
商品についての詳細は、下記窓口宛メールにてお問い合わせくださるようお願いいたします。

 お問い合わせにあたって、ご提供いただいたお客様の個人情報は、ご指定の当社製品・サービス等のご案内、関連資料の発送、および手続き他必要事項の連絡業務、請求等の事務処理等に利用し、他の目的で利用することはありません。また、事前にお客様の同意を得ている場合を除き、第三者へ提供することはありません。

 詳細は、当社個人情報保護方針をご確認ください。

 当システムに関するお問い合わせ先 homepage@nihon-toukei.co.jp
TOP企業情報プライバシーポリシーお問い合わせ|       copyright(c) Nippon Statistics Center Co., Ltd All Rights Reserved.