株式会社日本統計センター
ADDUP(住宅地図を使った営業支援システム)

ユーザーの活用事例

 本システムのユーザー様では、主に以下に示すような目的により、ご活用いただいています。
地方銀行

A行様の事例
 従来使用してきた町レベルの住所コードではきめ細かなエリアマーケティングには反映できないということで、本システムを導入。住所クリーニングを行うことにより、町レベルのコードから町丁目レベルまでの11桁住所コードへの移行を実現。
地方銀行

B行様の事例
 本システムで整備された顧客住所(町丁目までの住所及び地番、戸番までの補助住所)と地図座標とをマッチングさせ、当社地図情報システム「MDS」に塔載。顧客の取引分布を出力することにより、店舗統廃合、店周エリアの見直しに活用。
地方銀行

C行様の事例
 顧客データ整備の目的は、ペイオフ対策としての預金保険機構対応及び自行内MCIFの整備、補完。
 当面の課題が個人CIF整備であったため、漢字住所整備・統一後の情報をNTTハローページ情報とマッチングさせ、個人統合データベースを構築。
家電量販店

D社様の事例
 データの整備内容は漢字住所の統一、11桁住所コードの付加、市外局番の付加、新郵便番号の付加。
 整備後のデータを外部データと統合することにより、顧客データベースの更新及び精度アップを促進。
自動車メーカー

E社様の事例
 販社、非販社より内部情報(顧客情報)を預かり、「漢字住所の統一」「市外局番の付加」といった住所整備を実施。
 顧客の住所、電話番号を絶えずクリーニングすることにより、顧客との継続取引を維持。
お問合せ先
商品についての詳細は、下記窓口宛メールにてお問い合わせくださるようお願いいたします。

 お問い合わせにあたって、ご提供いただいたお客様の個人情報は、ご指定の当社製品・サービス等のご案内、関連資料の発送、および手続き他必要事項の連絡業務、請求等の事務処理等に利用し、他の目的で利用することはありません。また、事前にお客様の同意を得ている場合を除き、第三者へ提供することはありません。

 詳細は、当社個人情報保護方針をご確認ください。

 当システムに関するお問い合わせ先 homepage@nihon-toukei.co.jp
TOP企業情報プライバシーポリシーお問い合わせ|       copyright(c) Nippon Statistics Center Co., Ltd All Rights Reserved.