株式会社日本統計センター
MDS(マーケティングダイナミックシステム)

主な活用事例(金融/支店別営業推進への活用)

3.営業推進・目標管理への活用

 セグメント別営業推進計画に基づき、商品・サービス別に抽出した対象顧客を支店別に集計し、店舗エリア内の市場性や競合度、新規開拓の余地等を考慮した商品・サービス別の推進目標を設定します。MDSの顧客データに当該商品・サービスの推進対象者であることを登録し、取引実績データを更新することにより、達成状況を絶えず捉えることができます。

 この仕組みは別途提供の「SMS」でテンプレート化(「顧客分析用テンプレート」)して構築することができます。

マーケティングダイナミックシステムのテンプレート機能を用いた独自システム構築イメージ

お問合せ先
商品についての詳細は、下記窓口宛メールにてお問い合わせくださるようお願いいたします。

 お問い合わせにあたって、ご提供いただいたお客様の個人情報は、ご指定の当社製品・サービス等のご案内、関連資料の発送、および手続き他必要事項の連絡業務、請求等の事務処理等に利用し、他の目的で利用することはありません。また、事前にお客様の同意を得ている場合を除き、第三者へ提供することはありません。

 詳細は、当社個人情報保護方針をご確認ください。

 当システムに関するお問い合わせ先 homepage@nihon-toukei.co.jp
TOP企業情報プライバシーポリシーお問い合わせ|       copyright(c) Nippon Statistics Center Co., Ltd All Rights Reserved.