株式会社日本統計センター
MDS(マーケティングダイナミックシステム)

主な活用事例(折込/広告主に対するマーケティング支援)

3.既存店舗のストアマネジメント支援

 MDSデータベースには、外部の統計データだけでなく、広告主を含めたユーザーデータをインポートして活用することが可能です。

 具体的には、広告主が持つ顧客カード情報等のデータを預かり、MDSにインポートすることによって、広告効果の測定や実勢商圏の把握等、広告主の販促支援のための情報を提供することができます。

 これら付加価値情報の提供により、広告主の店舗運営の効率化や効果的な広告投下の向上を図ることができ、永続的な取引継続、他社との差別化につながります。

1.ドライブタイム(DRT)商圏と顧客分布 MDSのジオコーディング機能を使って、顧客分布をプロットすることにより、実勢商圏を把握。

ドライブタイム商圏と顧客分布による商圏把握イメージ

2.顧客分析支援 MDSの機能を使って、デシル分析、RFM分析等を行い、上位ランク顧客の分布や時系列変化を捉えることにより、広告主に対して重点エリア選定のための情報を提供。

商圏内における高ロイヤリティ顧客の分布把握イメージ

お問合せ先
商品についての詳細は、下記窓口宛メールにてお問い合わせくださるようお願いいたします。

 お問い合わせにあたって、ご提供いただいたお客様の個人情報は、ご指定の当社製品・サービス等のご案内、関連資料の発送、および手続き他必要事項の連絡業務、請求等の事務処理等に利用し、他の目的で利用することはありません。また、事前にお客様の同意を得ている場合を除き、第三者へ提供することはありません。

 詳細は、当社個人情報保護方針をご確認ください。

 当システムに関するお問い合わせ先 homepage@nihon-toukei.co.jp
TOP企業情報プライバシーポリシーお問い合わせ|       copyright(c) Nippon Statistics Center Co., Ltd All Rights Reserved.