株式会社日本統計センター
MDS(マーケティングダイナミックシステム)

主な活用事例(流通/商圏分析への活用)

1.全店舗の商圏把握

 既存店舗対策は、各店舗を取り巻く市場環境を客観的に捉え、評価することから始まります。全店舗の商圏内の市場規模(量)、市場特性(質)、成長性、競合度等の外部情報と売上高、売場面積、人員他の内部情報を使って、各々課題への対策を行います。

1.商圏設定と商圏情報の出力 MDSの「領域定義機能」を使って全店舗の商圏を設定し、商圏内の市場情報の現況や時系列変化を把握。

既存店舗の商圏設定と商圏内の市場性評価リスト出力イメージ

2.店舗別商圏特性の把握と対策 いろいろな指標で各店舗の商圏構造の違いの把握やマーケットタイプによる店舗の類型化を行い、店舗リニューアル、商品構成の見直し、業態変更、スクラップ&ビルド等いろいろな店舗対策に活用。

店舗別の商圏構造分析・類型化のイメージ

お問合せ先
商品についての詳細は、下記窓口宛メールにてお問い合わせくださるようお願いいたします。

 お問い合わせにあたって、ご提供いただいたお客様の個人情報は、ご指定の当社製品・サービス等のご案内、関連資料の発送、および手続き他必要事項の連絡業務、請求等の事務処理等に利用し、他の目的で利用することはありません。また、事前にお客様の同意を得ている場合を除き、第三者へ提供することはありません。

 詳細は、当社個人情報保護方針をご確認ください。

 当システムに関するお問い合わせ先 homepage@nihon-toukei.co.jp
TOP企業情報プライバシーポリシーお問い合わせ|       copyright(c) Nippon Statistics Center Co., Ltd All Rights Reserved.