ソリューションから探す

47stats API紹介

47stats APIの特徴

統計データは最新から過去まで時系列でご提供、メンテナンスフリーで運用可能
API機能はデータ取得から集計、マップデータまで活用可能
エクセルファイルからアプリケーションまで、容易に組み込みが可能
◆ 統計データは最新から過去まで時系列、メンテナンスフリーで運用可能

「47stats API」では、全国の統計データが常に最新データで取得できるだけでなく、過去データも時系列で取得できます。そのため自社で統計データベースを構築するためのサーバやその運用にかかるコストが不要で、メンテナンスフリーでスマートに運用することが可能です。
また、毎年最新の「住民基本台帳」をベースに推計変換したデータをAPIで利用できることが、本サービスの大きな特徴です。

分類 データベース名 データ年次
公的統計データ 国勢調査 2000年、2005年、2010年、2015年、2020年
経済センサス 2006年、2009年、2012年、2014年、2016年、2021年
商業統計調査 2014年
日本統計センター
オリジナルデータ
推計行動別人口 2021年、2022年
推計消費購買力 2021年、2022年
推計就業者所得 2021年、2022年
推計世帯貯蓄額 2021年、2022年
推計昼間人口 2000年、2005年、2010年、2015年、2020年
推計要介護度別認定者数 2021年、2022年
将来推計人口 2024年~2048年
人口・世帯数(住民基本台帳人口ベース) 2013年~2023年
◆ API機能はデータ取得から集計、マップデータまで活用可能

「47stats API」では、全国の町丁単位の地域統計データ(以下、ローデータ)が取得できるだけでなく、それらを商圏などの領域(ポリゴン)で集約した値を取得できます。通常、ローデータから領域で集約した値を取得するためには、別途、GIS(地理情報システム)機能を使用して領域にデータを集約する処理の実装が必要になりますが、本サービスでは、APIリクエスト時に所定のパラメータ(中心点や半径など)を指定するだけで、領域で集約された値を取得できます。
また、本サービスのAPI連携を通じて、マップデータ(地域区画のポリゴンデータ)とともに、統計データを階級値に変換したデータを取得することができます。これらのデータをお客様のシステムやサービスに組み込むことで、階級区分マップを表示することができます。
このように分析に必要な機能が揃っているため、「47stats API」を活用いただくことで、手軽にエリアマーケティングをはじめることができます。

◆ エクセルファイルからアプリケーションまで、容易に組み込み可能

「47stats API」は地域情報のリストやマップデータを、エクセルマクロに組み込んで表示したり、GISのレイヤーに重ねて表示することができます。また、BIツールやダッシュボード、CRMなどに組み込むなど、より幅広いシーンでエリアマーケティングを展開できます。

<エクセルファイルでの使用例>

<アプリケーションでの使用例>

◆ サービス料金について

本サービスは定額制の年間での利用料金となり、利用したい地域やデータベースの種類によって決まります。ご希望の地域とデータベースを選択してご契約いただくことで、制限なくデータをご利用いただけます。定額制であることで、利用料金の変動や追加料金がなく、安心してご利用いただけます。

※詳細な内容や料金体系などにつきましては下記、「メールフォーム」よりお問合せ下さい。